TOP I4C概要 活動報告 入会案内
過去のイベント
2012年 6月
 New Hope for Cambodian Children(カンボジア)訪問

私は、2011年1月にコンタクトを開始し、震災で一時中断していました、カンボジアの孤児院New Hope for Cambodian Children( NHCC)との交渉を2012年の1月より進めてきましたが、6月初旬孤児院を経営する窓口のJohn Tucker氏と話がまとまり、6月21日ボランティアスタッフのベトナム人 hongさんと、New Hope for Cambodian Childrenに子供達に音楽も教えに行きました。 まず、代表のJohn Tucker氏と話し合いが行われ、 NHCCには音楽室もあり、現在、定期的に音楽講師を招き音楽プログラムが行われており、I4Cからの音楽プログラムが必要だと要請を受けました。John Tucker氏は定期的な音楽プログラムを続け、 NHCC内に楽団を作りたいという夢を持っていらっしゃり、I4Cは、孤児院に楽器を提供して、音楽クラスを作り、子供たちに音楽を通じて社会貢献する団体ですので、目標も一致します。そこで契約書にサインをし、お互いに音楽家を育てるという夢に向かって歩き始める事にしました。 NHCC内の食堂で、世界中から来ているボランティアスタッフとランチを頂き、午後子供達が学校から帰ってきて、30人位の小学生中学生にトランペットのレッスンを行いました。 トランペットレッスンは普段私が行っている音育プログラムの内容とほぼ一緒で、腹式呼吸とバジング、日本で寄付して頂いたトランペットでのレッスン、リトミックとコンサートという内容です。バジングはトランペットに欠かせない事なのですが、日本では子供達が恥ずかしがる事が多く進まない事があるのですが、NHCCの子供達は皆真剣でやる気を感じました。 それから、トランペットを演奏したい子が手を上げて公開レッスンを行ったのですが、沢山の子供達が興味を示し、こちらが圧倒される程でした。 その後、音の高さや三拍子と四拍子の違い等をクイズ形式でレッスンして、子供達の知っている曲のリクエストを受けてミニコンサート。 2時間のレッスンもあっという間に過ぎ、沢山の子供達と楽しい時間を共有できて、感無量でした。 その後も、子供達は質問攻めでなかなか私を帰してはくれません。 トランペットのレッスンはどんどん続き、数人の子達が指使いを完璧に覚え、初日にして音階も吹くようになったのです。その学びに対する真剣さには私も脱帽しました。 NHCCの子供達は様々な問題を抱えているにも関わらず、親しみやすく親切で笑顔が絶えません。1日1日を大切に生きていると感じました。 私も、設立した趣旨に基づき前に進めることができ、感慨です。 

これも皆様のこれまでサポートがあったからこそです。本当にありがとうございました。    山口理江

カンボジア孤児院情報:
* New Hope for Cambodian Children NHCC  Phalla, Project Director 012 507 327
* NHCC P.O. Box 2490 Phnom Penh 3, Cambodia USA address : NHCC P.O. Box 690597 Killeen, Texas 76549
このページのTOPへ